(レビュー)テレビ朝日【林修の今でしょ講座】漢方薬の効果効能! 風邪、インフルエンザ、二日酔い、更年期障害

 

2014年12月16日にテレビ朝日系列で放送「林修の今でしょ!講座」

「医者に聞きにくい病気・薬・人間ドッグの疑問を解消!!3時間SP」の内容をまとめました。

 

 

「漢方薬」とは、生薬と呼ばれる植物や動物、鉱物などの天然素材を組み合わせて作られた薬のことをいいます。使われている素材には、カキの殻や大型哺乳動物の骨の化石などもある。


番組では、「西洋医学の医師30人に聞いた! プライベートでも使いたい漢方とは?」というアンケート結果をもとに、効果的な漢方薬と、その効能について解説。「漢方薬」のレクチャーをしてくれたのは、帝京大学医学部付属病院准教授の新見正則先生。西洋薬(西洋医学)を「引き算」、漢方薬を「足し算」に例えていました。

西洋医学は、何に効果があるのかを1個見つける知恵であるのに対して、漢方は2種類以上の様々な生薬を足すことによって病気を治そうという、足し算的発想によるアプローチ。


メカニズム的な違いに関しては、西洋薬が「病気の原因を直接やっつけるスナイパーのような存在」、漢方薬は「体に備わっている免疫機能を上げる応援団のような存在」言う。


「最強の漢方四天王」と題して、特に効果が期待できる漢方薬が4つ紹介されていました。

 

  1. 葛根湯(かっこんとう)・・・かぜにでも どんなときにも 葛根湯
  2. 芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)・・・筋肉が けいれんしたら 芍薬甘草湯
  3. 五苓散(ごれいさん)・・・二日酔い お任せ下さい 五苓散 
  4. 加味逍遥散(かみしょうようさん)・・・イライラに 女性の味方 加味逍遥散

 

 

テレビ朝日で紹介された最強の漢方薬も、取り扱いあります。「和漢方薬の通販」サイト

 

 

 

[40歳からの美と健康に和漢方薬]桂枝茯苓丸加苡仁(けいしぶくりょうがんかよくいにん)について (株式会社ナンブ薬剤師ブログ二宮洋一)

 

 

 

桂枝茯苓丸加苡仁(けいしぶくりょうがんかよくいにん)は次のような方を目標としています。

「比較的体力があり、ときに下腹部痛、肩こり、頭重、めまい、のぼせて足冷えなどを訴えるものの次の諸症:月経不順、血の道症、にきび、しみ、手足のあれ。」

 

桂枝茯苓丸にヨクイニン(苡仁)を加えた方剤です。

ヨクイニン(苡仁)は熱をさまし(清熱)、膿を排泄させる効果があり、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)の適応症状(月経不順・月経困難など)に皮膚の炎症やにきびなどが加わった場合に用いられます。

 

具体的には、生理不順・生理痛 でお悩みで、ニキビが膿をもってきた、しみが増えてきた、冷え症で血行が悪いなどの症状がある方です。

 

 

和漢方薬の服用のしかた(薬剤師、二宮洋一)

漢方薬は通常1日3回食前または食間服用となっています。(芍薬甘草湯など屯用のものを除く)

 

これは、生薬を原料としている漢方薬の吸収率を良くするため、なるべく胃に何も入っていない状態で服用していただくためです。

 

 

食前に飲み忘れた場合は、

食後1時間以上経過してからお飲み頂ければ大丈夫です。

(食後すぐにお飲みただいても吸収率が悪くなるだけで、まったく効果がなくなるわけではありませんが、なるべく空腹時の服用をおすすめします)

 

 

漢方薬は、西洋薬と異なり基本的に食前に服用いただいても胃には負担になりません。(西洋薬の解熱鎮痛剤は胃への負担が大きいため、食後服用となっていたり、胃薬を併用したりします。バファリンなどでは、胃を保護する成分との合剤になっています。バファリンの半分の「やさしさ」の正体は胃薬です!)

 

 

漢方薬は体質の改善を目的としています。

 

漢方薬の効果を最大限に発揮させるため、毎日続けて服用してください。

2週間以上服用して、症状が改善しない場合はその漢方薬の証でない可能性もあります。他の漢方薬も考慮してください。

40歳からの女性の【乾燥肌には温経湯も】

体力はどちらかというと中程度以下で、比較的胃腸が弱いという方で、

皮膚にかゆみがある、のぼせや手のほてり、唇の乾燥がある、月経痛や月経不順があるというような場合には温経湯(うんけいとう)が良いです。

 

湿疹や肌荒れは,

漢方では血(おけつ)によるものと考え、血(けつ)をめぐらせる治療を行います。


この時、同時に婦人科系の症状も改善することが多いです

40代からの女性の「手足の冷えには、当帰四逆加呉茱萸生姜湯」

特に足先が冷たくて眠れない。不眠の原因はイライラだけではありません。


足元を暖かくしていても、明け方になると足元からくる冷えで目が覚めてしまい、寝た気がしない。
そういう方もおられると思います。


「冷え」と一口に言っても、冷えにもいろいろあります。
身体全体が冷える、身体は温かいのに手足が冷たくて仕方がない。
身体全体が冷えているのだけど、なぜか頭はのぼせているような感じがする、、、などなど。
それぞれ、冷えの状態によって使われる漢方薬も異なります。

 

今回紹介したいのは、手足特に下肢が冷えて痛み、血行障害によりしもやけができやすいという方のための漢方薬です。
このタイプの方は、冷えにより気が頭に上ることにより頭痛があらわれ、ひどい生理痛に悩まされたりします。
この血行障害を改善すれば、冷えによる不眠も改善されることになります。


その漢方薬は「当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょう)」です。


この漢方薬は胃腸機能も整える働きがあります。
食事もおいしく取れるようになり、血行障害を改善してしもやけを治し、頭痛、生理痛、貧血などの症状を改善し、夜もぐすっり眠れるようになります。
当帰四逆加呉茱萸生姜湯は「傷寒論(しょうかんろん)」にすでに取り上げられている漢方薬です。

40代からの女性の「生理痛には、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」がお勧め

女性の生理痛には、古代より「芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)」や「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」が使われてきました。

 


芍薬甘草湯は「傷寒論(しょうかんろん)」という書物に出てきます。
当帰芍薬散は「金匱要略(きんきようりゃく)」という書物に出てきます。


どちらも「芍薬(しゃくやく)」が使われており、名前も似ていますが使い方は全く異なります。

 

芍薬甘草湯はともかく「痛いとき」に服用します。食前食後は問いません。いわゆる「頓服(とんぷく)」です。


傷寒論は急性期の病気に対する処方に関して書かれています。

芍薬甘草湯はまさに急性期の処方です。


これに対して、金匱要略は慢性期の処方です。

当帰芍薬散も、毎日しっかり飲み続けることが大切です。


普段から、毎日毎食前もしくは食間に1日3回飲み続けることによって、ホルモンバランスなど体質に変化が現れます。


通常1〜2か月くらいに変化を感じられ、3か月続けることによってホルモンのバランスの乱れが修正され、月経痛のない身体に変化します。


不妊症の方であれば、妊娠しやすい、本来の母体の働きを取り戻すことができます。

 

つまり、当帰芍薬散は、母体の本来の働きすなわちホルモンバランスを整える作用があるのです。


このため、毎日飲み続けることが大切です。


実際、中学生くらいの時から生理痛に悩まされ続け、ロキソニンがどうしても手放せなかったという方も、当帰芍薬散を毎日続けることによって、ロキソニンがいらなくなったという方も見えます。


3か月程度毎日当帰芍薬散の服用を続けて、生理痛を感じなくなった方は、それ以降当帰芍薬散の服用を中止しても、生理痛痛はもはや過去の出来事となってします方が多いです。


女性のホルモンバランスを整えるということは、生理不順に悩んでおられる方にも朗報です。


なお、西洋薬は食後服用が多いのに、なぜ漢方薬は食前または食間服用なのかという疑問をお持ちの方も多いとおられます。


基本的には、鎮痛剤などの西洋薬は胃に対して刺激が強すぎるわけです。

なので食後に服用することによって胃を守っているわけです。

バファリンの半分はやさしさというコピーがありますが、ようするにあれはバファリンの半分は胃薬が入っていることをうたっているわけです。


漢方薬はもともと生薬主体の胃にやさしい成分でできています。

食前に飲んでもまったく問題ありません。

むしろ食前や食間に飲んだほうが吸収率もよくて望ましいのです。