ナンブ和漢方薬Q&A 漢方薬の正しい情報

和漢方薬に、詳しい薬剤師、二宮洋一が、

みなさまに、とかく分かりにくいというイメージの和漢方薬について、

わかりやすくお答えしているコーナーです。

 

和漢方薬の正しい情報を知識として頂きまして、

みなさまの「生活の質」の向上に貢献してまいりたいと思います。

 

 

 

そもそも「漢方薬」って、何でしょうか? (回答 ナンブ薬剤師 二宮洋一)

漢方薬は、薬用植物の根や茎、葉、花、果実などを乾燥させたもの(生薬)から構成されています。

どの植物や動物、鉱物のどの部位がどういう病気に効果があるかというようなことは、数多くの試行錯誤をへて、しだいに人々の知恵として蓄積されていったものと考えられます。


こういう知識はどこの国でもあったようで、我が国でもセンブリなどが薬草として知られていました。また岐阜県と滋賀県の境にある伊吹山(ここは日本武尊伝説でも知られています)は古代より薬草の宝庫でした。


中国でも、こういう薬草の知識は「神農本草経(しんのうほんぞうきょう」という作者不詳の古い書物にあらわれます。


この段階では、まだまだ薬草の知識を集めたものにすぎませんでした。

しかし中国ではすでにこの医療技術を体系化する動きが現れ始めます。


まず前漢の時代に編纂された「黄帝内経(こうていだいけい)」です。

ここには人体の機能や構造、生理機能や病気の時の変化、陰陽五行説、鍼による治療法などが書かれています。

さらに後漢の時代になると張仲景という医師がチフスなどの伝染性の急性疾患の診断と治療法についてまとめた「傷寒論(しょうかんろん)」が登場します。この傷寒論は慢性疾患についてまとめた後半部があり、これは現在「金匱要略(きんきようりゃく)」として伝わっています。


この、黄帝内経、傷寒論、金匱要略の三大基本書に基づいて体系づけられた治療法が今日私たちが「漢方」といっている治療法なのです。


なので、例えば日本のセンブリなどの薬草を使った民間療法は漢方とは全くの別物です。

また、同じように薬草の知識から出発しながら西洋では全く異なった経緯をたどりました。

つまり、西洋では薬草を組み合わせて病気の治療に使うのではなく、一つ一つの薬草の中にある有効成分を取り出すという方向に進んだのです。


同じように薬草の知識から出発しながら、その薬草を組み合わせることで病気を治療したのが漢方で、薬草のなかの有効物質を単離して、その薬効を調べ治療に生かそうとしたのが西洋医学なのです。


またインドのアーユルベーダのように独自の道をすすんだ治療法もあります。


ちなみに「漢方」というのは、江戸時代に入ってきたオランダ医学である「蘭方」と区別するためにつけられた名称です。


また中国では、古代より伝わる漢方は毛沢東の時代に完全に消し去られてしましました。

現代中国に伝わっている中医学と呼ばれるものは、文化大革命以後に整備されたものです。

加味逍遥散(かみしょうようさん)って、何ですか?  (回答 ナンブ薬剤師 二宮洋一)

加味逍遥散は漢方薬であり、健康食品ではありませんので、それなりにきちんと使う必要があります。今回は加味逍遥散をきちんと使うために必要なことについてお話ししたいと思います。


まず、漢方薬を使うのに医師の確定診断はいりません。つまり、病名がきちんとついていなくても、イライラしてつらい、イライラだけでなく頭痛、肩こりもつらい、イライラして夜も眠れないなど、実際につらい症状があるのであれば、それが病気として認定されてなくても(この状態を「未病」といいます)、そのつらい症状を取り除くために加味逍遥散を使うことができるということです。


次に、加味逍遥散は中間的な体力の人に使われます。

漢方では、体力的に強い人(実証)と弱い人(虚証)にわけて薬を使い分けますが、加味逍遥散は両極端ではない人に使われるということです。

実証、虚証については漢方では重要な概念ですので、また項を改めてご説明します。


もちろん実証の方が加味逍遥散を服用したからといって何か問題が出るわけではありません。ただ効果が出づらくなるので、そのような方には実証の人向けの桂枝茯苓丸や桃核承気湯をお勧めします。

また、虚証の方には当帰芍薬散をお勧めします。ただ加味逍遥散は虚証の方にも効果があります。その場合薬がやや強すぎて気分が悪くなったりすることがありますので、加味逍遥散を中止して当帰芍薬散に切り替えたほうがよいと思います。


とはいえ、実際には実証と虚証の区別はむずかしいです。

典型的な実証、典型的な虚証という方はきわめてまれで、ほとんどの方は実証の面と虚証の面を併せ持っているというのが普通です。


あえていえば、今活躍中の全日本バレーボール女子の選手のように、筋肉質でがっちりしていて声も大きいという方が実証で、子供のころからひ弱で病気ばかりしていて声も弱弱しいという方が虚証ですが、ほとんどの方はそのどちらでもない中間証だと思います。


つまりほとんどの方に加味逍遥散は効果があるはずですが、飲んでも一向に改善されないという方は実証の方用の桂枝茯苓丸、加味逍遥散を飲んでいると気分が悪くなるという方は虚証の方用の当帰芍薬散に変更する必要があるということです。

加味逍遥散(かみしょうようさん)は、ストレスにもいいと聴きましたが… (回答 ナンブ薬剤師 二宮洋一)

 

 

私の周りにも多くの頑張る女性たちがいます。

でも、見た目は頑張っているようでも、頑張ることに疲れてしまっているのではとも思える人もいます。

 

 

がんばりすぎないよう、時々身体を休めてあげるように心がけてください。

頑張る人にも、疲れてしまった人にも、多くのストレスがかかっています。

今回、そのストレスについてお話していきたいと思います。

 

女性を取り巻くストレスには

1 ダンナストレス  2 介護ストレス  3 子供ストレス  4 仕事ストレス

などがあります。

 

まずは1 ダンナストレスです

結婚した当初は気づかなかったお互いの意識のズレ。

このズレが大きければ大きいほどストレスも多くなります。

 

たとえば妻が今日のつらかった出来事について話します。

妻としては、「自分はこんなにつらかったんだよ」という思いを聞いてほしいのです。そして共感してほしいのです。

しかしダンナは、さもめんどくさそうに「それはこうしておけばよかったんだ」とか、何の役にも立たない後知恵を偉そうにいうだけ。

ダンナに話したことでかえってストレスが溜まってしまいます。

 

またいつまでも過ぎ去った過去の出来事をねちねちと言い合ったり、身なりを細かく注意する妻とそれをうるさがるダンナ、妻が片づけているのにその横で散らかすだけのダンナ、妻が一生懸命節約しているのに高価なものを次から次へと買ってしまうダンナ。。。

 

ストレスの種は尽きることがありません。

 

こんな時はちょっと肩の力を抜いてみませんか。

 

イライラがおさまらない、すぐに怒りっぽくなる、頭痛や肩こりもしてくる、のぼせたり冷えたり何か調子が悪い、

そんなときぴったりの漢方薬があります。

加味逍遥散です。

 

加味逍遥散は体力中程度の方(スポーツ選手のように頑丈ではないが、ひ弱でもない)によく合う漢方薬です。

今までのつらさが、うそのようになるかも知れませんよ。

漢方薬には、医療保険が適用されるんですか。健康保険と漢方について教えて下さい。 (回答 ナンブ薬剤師 二宮洋一)

 

 

 

 

皆様もご存じのとおり、お医者さんにかかるときは健康保険、国民健康保険などの医療保険を使って受診します。


今回は、この医療保険と漢方薬についてお話ししたいと思います。


医療保険というのは、患者さんが医療機関を利用した時、その費用(の一部)を、その患者さんが加入している健康保険や国民健康保険などが負担するものです。


医療機関は、患者さんに対して行った医療行為をレセプトという形にまとめ、その費用を健康保険や国民健康保険に請求するわけです。


ただ、患者さんに行った医療行為がなんでもかんでもレセプトで請求できるわけではありません。

医療機関がレセプトで請求できる医療行為には厳格な決まり事があります。

どんなに患者さんのことを考えて行った医療行為であっても、この決まりごとに反している場合は、その行為に対して保険からの支払いはありません。


その決まりごとのひとつに「薬を処方するためには診断された病名が必要」というのがあります。

たとえば「インフルエンザ」という診断がなければタミフルやイナビルといった抗インフルエンザ薬は処方できないのです。

インフルエンザと診断するため、子供がどんなに嫌がっても鼻の粘膜をとって検査するのです。


漢方薬も同じです。

たとえば「更年期障害」という診断がされて「加味逍遥散」が処方されるのです。

かくして、原因不明の膝や腰の痛みをかかえて苦しんでいる人にさまざま検査を行って、この人の病名は「更年期障害だ」と確定診断を下して、加味逍遥散を処方することになります。

この検査はたとえばMRIなどは保険請求の対象ですが、自己負担額もばかになりません。

いったん確定診断が下されるとあとは早いです。加味逍遥散がだめならまた別の「更年期障害の適用をもった」薬が処方されるわけです。場合によっては3時間待ちの3分診療ということにもなりかねません。


これに対して、漢方薬局では医師の処方箋にしたがって漢方薬を処方するときは保険医療の対象になりますが、患者さんが直接薬局に来られていろいろ相談されたのちに、薬剤師が漢方の処方を決定して、患者さんにお渡しする場合は保健医療の対象にはなりません。


それでは、漢方薬局で処方箋なしで漢方薬を処方してもらうのにはどのようなメリットがあるのでしょうか。


まず、漢方薬には「診断された病名」はいりません。

病名を診断するためにの検査は行いません。その代わり、その患者さんが抱えて苦しんでおられる症状について徹底的に問診します。患者さんが明確に意識していない症状についても明らかになることが多いです。

漢方薬を調合する場合も、保険請求ではそこにつけられる点数が決まっています。なので、なるべく中国産の安い原末を使おうとするインセンティブが発生します。

保険請求をしないのであれば、そのような制限はありません。中国産の倍以上するような日本産の生薬を惜しみなく使うことも可能です。

和漢方薬と保険について(続き) 

昨日の話をまとめると、漢方薬を医療保険で使うには病名を確定する必要がある。

そのために様々な検査が行われる。

いったん確定診断されれば、つぎからはその診断された病名に対応した漢方薬が選ばれる。


医療保険を使用しない場合は、これらの制限はなくなる。

また、点数の縛りもないので、たとえば日本国産の原料を思う存分使える。

病名に縛られないので、患者さんの訴える症状を中心に処方(証といいます)を考える。

訴える内容が最初はひざが痛いだったのが、肩こりがひどい、頭痛がするなどに変化してきても、それにr対応した処方に柔軟に対応できる。(医療保険では、新たな訴えが出てきた場合、またその病名を診断する必要があります。たとえば腰痛と肩の痛みは全くべつのものとみなされますが、実際には同じ人があるときは肩が痛い、ある時は腰が痛いと痛みを訴える部位がその都度変わることはよくあります。)


さらに医療保険では治療が中心なので、どれだけ患者さんが痛みを訴えていても検査結果が正常なら治療はされない。実際には、検査結果に問題ないが痛みが激しくて何とかしてほしいと訴えられる患者さんはけっこうおられます。


結果として、「医療保険では治療の対象外だが、現実に痛みなどのつらさを訴え漢方治療の対象となりうる患者さんは数多くおられる」ということです。


また、西洋薬で治療中だが一向に良くならないので漢方を試してみたいという方もおられます。


これは、西洋薬はロキソニンなどの痛みどめで痛みを抑えているだけなのが、漢方ではその痛みの原因になっている血の流れの悪さ(血がドロドロで流れにくい状態 血(おけつ)といいます)を改善したり、体のホルモンバランスを取り戻したり、要するに身体の正常な状態を取り戻すことによって痛みを除去しようとしているわけで、そのため、痛みだけを除去するのではなく、その根本から痛みを取り去ろうとしているということなのです。


問題は治療費です。

医療保険では、薬にもよりますがだいたい処方箋を発行してもらうための診断に1500円くらい、漢方薬30日分で3500円くらいが三割負担の方の負担になります。


医療保険を使わない場合、顆粒や丸剤を使えば30日分っで5000〜10000くらい

煎じ薬で一日分600円くらいです。ただし、顆粒や丸剤はいろいろなメーカが発売しているので、もっと安く済ませることもできます。

要するに、選択肢はたくさんありますので、最初は様子見で安く済ませるということも可能になります。


まだまだ書きたいことはありますが、必要になればその都度書いていきたいと思います。